top of page
  • 執筆者の写真Media Bank 編集部

【AIエージェントサービス】東京ビッグサイトで開催された宿フェス2024で、Media Bank がZenboxの魅力をアピール!

昨年、3万人超の来場者を記録した宿フェスが、2024年は2月14日と15日の2日間にわたって東京ビックサイトで開催されました。宿フェスとは全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会青年部(全旅連青年部)が主催する旅行イベントで、その目的は観光宿泊産業の魅力を伝えるというもの。今年で2回目の開催となり、Media Bankもブースを出展しました。



宿フェスのメインは、北海道、東北、北関東信越、首都圏、北陸、東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄の9つのブロックに分かれ、全国47都道府県から集まった旅館やホテルの若旦那と若女将が、その土地が受け継いできた文化をはじめとした魅力を発信するという内容です。今年は会場内で茶道、華道、書道、色浴衣の体験ができる和室ブースが登場。イベントの目玉は、総額1000万円以上という47都道府県の宿に泊まれる宿泊券が来場者に当たる宿泊抽選会で、大いに賑わいました。



ステージイベントでは、日本文化のひとつであるカラオケの大会や、温泉むすめのスペシャルステージ、書道家のパフォーマンス、阿波踊り、会場と各地域をつなぐライブコマースなどが登場。そして、日本の食を伝えるコンテンツとしては、「宿フェス×居酒屋甲子園」のスペシャル海鮮丼が会場内で販売されました。



そして、Media Bankのブースでは、新しいAIエージェントサービス「Zenbox」のデモンストレーションを行いました。Zenboxとは、ChatGPTの技術をベースに独自に開発したAI自動化のサービスです。従来のチャットボットよりも、顧客が持つそれぞれの好みや要望などを瞬時に深く理解し、よりきめ細やかな対応ができることが最大の特徴です。

例えば、ホテルの宿泊者が飲食店を探している場合、従来のチャットボットでは候補となる複数の飲食店を提示することしかできません。しかし、Zenboxなら宿泊者のそのときの気分や細かい要望に合わせた店舗やコースをレコメンドすることができます。さらに、聞かれる前に店舗へのアクセスを紹介してくれたり、予約の代行を申し出てくれたり、一歩先回りしたサービスを提供することができるのです。


しかも、Zenboxは宿泊施設などのWebサイトに問い合わせ機能として利用することだけが活躍の場ではありません。WhatsAppでの予約管理、LINEでの問い合わせ対応、WeChatでの顧客エンゲージメントといった各種プラットフォームと連携させることで、顧客とのコミュニケーションだけでなく、内部ワークフローの強化にも貢献。その結果、顧客へのサービスから社内チームの連携まで、すべてがシームレスに連動し、統合された効率的なオペレーションを実現することができます。



またZenboxを採用するメリットは、ワークフローの自動化によるコスト削減や生産性の最大化だけではありません。顧客から取得したデータをマーケティングに活用することで、収益の増加や新規顧客の開拓などに貢献してくれます。現在、Zenboxの技術は100ヶ国以上、450以上の企業が採用。これからはボットではなく、人間としての能力を習得し、自らの判断で行動するエージェントに期待が寄せられています。


【Zenboxに関する情報】

*料金形態:月額固定料金

*導入方法:既存のウェブサイトに数行のコードを組み込むだけです。


詳細はMedia Bankまでご連絡ください。お問い合わせ先はこちらです。

Eメール:jessie@media-bank.info 電話:03-4400-0707

閲覧数:13回0件のコメント

Kommentarer


bottom of page