top of page
  • 執筆者の写真Media Bank 編集部

GrabAds、MediaBankと提携し、東南アジアでの日本観光キャンペーンを展開 - TravelDailyNews Asia & Pacific

更新日:2023年11月2日

GrabAdsとMediaBankは、Grabの各国における地元のインサイト(知見)を活用して、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナムにおいて日本のあまり知られていない観光地のプロモーションを共同で行います。


シンガポール -Grabの広告事業部門であるGrabAdsは、日本のデジタル・マーケティング・ソリューションを提供する企業、株式会社MediaBankの戦略的広告パートナーとして、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナムで観光キャンペーンを展開することを発表しました。このキャンペーンは日本政府観光局(JNTO)のために企画されたもので、東南アジアの旅行者に対して、従来のポピュラーな観光地とは違った「日本の新たな一面」を発見してもらうことを目指しています。



Grabが最近行った調査によると、日本は依然として東南アジアの旅行者が挙げる人気の旅行先の上位を占めています。この調査では、2023年の東南アジアからの旅行需要は、2022年と比較して大幅に増加し、回答者の72%が今後1年間に海外旅行を計画していることが明らかになりました。これは前年に比べて1.84倍も高い数値です。


このキャンペーンはアプリ内広告やブランドチャレンジ、フリートアクティベーションなど、さまざまなオンラインとオフラインのタッチポイントを利用し、GrabアプリやGrabフリート全体で展開します。キャンペーンでは、風光明媚なハイキングコースから歴史的な武家屋敷まで、日本の知られざる一面を紹介。アプリ内広告では、GrabユーザーをMediaBankの公式ウェブサイトに誘導し、ホテルやレストランの予約、観光スポットのチケット予約が可能になり、日本への旅行計画をより簡単かつ便利にしてくれます。



「東南アジアは日本にとって重要な市場です。この地域の旅行者からの旺盛な需要に深く感動し、GrabAdsの知見によって、日本がこれらの地域で最も人気のある旅行先であることが証明されました」と、株式会社MediaBank,のディレクターであるパトリック・ンガン氏は述べています。「Grabの地元に深く根ざした知見と東南アジア市場への深い理解を活用することで、潜在的な旅行者が日本の新たな一面を創造的かつ有意義な方法で発見してもらう、最も効果的な方法を提供できると確信しています」。


「MediabankがGrabAdsと提携し、典型的な観光地以外の新しい場所や経験を発見する新世代の東南アジアの旅行者とつながることを光栄に思います。Grabの最新の旅行データによれば、今年の海外旅行の計画は1.84倍増加し、Grabユーザーの72%が海外旅行を計画しています。Grabユーザーは旅を愛しており、日本は常に彼らのトップの海外旅行先に名前が挙がっています」と、GrabAdsおよびGrabブランドインサイトのリージョナルマネージングディレクターであるケン・マンデル氏は述べています。「Grabの地元の知見を活用して東南アジアで旅行と観光ブランドの可能性を開拓し、Grabアプリを使用して食事や通勤、支払いをするGrabユーザーにターゲットを絞ったキャンペーンを展開できる可能性が非常に高い。Grabの知見と強力なエコシステムの組み合わせは、認知度と検討力を高める有意義なリーチを構築するプラットフォームを提供します」。


GrabAdsによって、広告主はGrabのローカライズされた知見を活用して、Grabアプリを通じて潜在的な東南アジアの旅行者にリーチすることができます。これにより旅行におけるあらゆる段階で旅行者とつながり、日本のような人気のある旅行先への興味を喚起する理想的なプラットフォームになります。地元の文化や嗜好に対するGrabの深い知見を活用することで、広告主はターゲットを絞った効果的なキャンペーンを実施し、Grabユーザーの共感を得ることができます。



1 出典:Grabアプリ内でのGrabユーザー対象の調査、2023年6月実施;ID、MY、SG、VN、TH、PHからの10,233件の回答


セオドア・クーメリスはTravelDailyNews Media Networkの共同創設者兼マネージングエディターであり、TravelDailyNewsの長期的な機会に向けたビジネス開発と計画を担当しています。

閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page